2018年10月号編集詳細

機能安全の現場適応−その現状と課題

 プラントの安全は業種を問わず常に留意していかなければならない命題ですが,その実践的な手法となるプロセス系機能安全/安全計装は方法規格として大きな役割を担っています。設備の安全とリスクについて検討し,必要に応じて最適な対策を取る―当然のこととはいえ独自に具体的なアプローチを進めるには幾つかのハードルがあることも否めません。このため,IEC61508(Edition2.0)/IEC61511といった国際機能安全規格への対応が進展していますが,規格に合致したシステム/機器の導入とともに,規格の要求事項に対応した運用方法をいかに実現し,安全ライフサイクルの確立とそれに沿った設計・運用をいかに進めていくか,近年の大きなテーマと言えます。
 そこでこの企画では,安全・安定操業に向けたプラント設備の安全性・信頼性の維持向上への施策をより現場の視点からとらえ,規格やソリューションの最新動向,ユーザの取り組みなどをまじえて現状と課題にフォーカスします。

【巻頭概説】
●国際機能安全規格(IEC61508/61511)の最新動向と注視点
………………………………………テュフラインランドジャパン/西郷博則
【ユーザの取り組み】
●安全計装導入の視点とこれまでの評価
………………………………………富士石油/浪川則男
【安全ソリューション: 安全計装システム/機器】
●完全三重冗長化安全計装システムソリューションの適応
………………………………………シュナイダーエレクトリックシステムス/藤原健太
● SIL2 対応, 無線通信技術によるガス検知システム
………………………………………横河電機/新井直人
●安全計装システム用緊急遮断弁のスマートESD デバイス
………………………………………アズビル/渡邊淳一
●安全計装システムのBMS への適用
………………………………………ABB 日本ベーレー/福田宏明
●既設リレー回路の置き換え最適な安全計装パッケージ
………………………………………ロックウェルオートメーションジャパン/吉住英一
●パイプラインマネジメントと安全計装システムの統合
………………………………………日野システック/田代久登


《特別寄稿》
● " 安全を作り込む" 〜過去事例から見えてきた工事安全のあり方化学
………………………………………化学プラント安全研究所/半田 安
《主要記事》
●金属の表面温度分布を高精度に計測する赤外線サーモグラフィカメラ
………………………………………日本アビオニクス/入江朋子
●周辺温度の影響を最小化した高精度放射温度計
………………………………………堀場製作所/坂東直人
《連載》
●スマートファクトリを目指して(第18回)
………………………………………ProActs LLC /和田哲也