2018年11月号編集詳細

IoT時代の制御システムセキュリティの着眼点−(2)セキュリティ認証

 ICTを取り入れたシームレスな生産情報システムは,見える化や一元管理,効率運転の実現といったデータ活用面からのメリットが強調されています。しかしその一方で,“つなぐ”ことによるリスクの問題が浮上し,この問題に本格的に対峙していかなければならない時代を迎えています。産業IoT時代のシステムリスクをどう捉え,いかに低減化していくか,とりわけ制御系のセキュリティ対策は喫緊の課題と言えます。 この企画では,本年6月号に引き続き本号で,IoTが指向される時代の制御システムセキュリティ対策のあり方を考えます。安定・安全操業を維持継続していく効率的な制御システムの確立とセキュリティ対策をいかに調和させていくか,そうした視点からサイバー攻撃に強い制御システム設計とシステム/機器製品,そして設計・開発を担う材の育成に着目し,効果的対策のあり方を探ります そこで本号では「セキュリティ認証」に着眼し,製品を対象としたEDSAやAchillesといった認証制度をはじめ,エンジニアリング技術を対象としたCSMS認証制度をいかに活用してセキュアなシステムを実現していくのか,人材育成を含めて進展方向を探ります。

【巻頭解説】
● 「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」の概要と改訂ポイント
………………………………………経済産業省/土屋博英
● 「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」の概要
……………………………………… 経済産業省/津國 剛
【認証制度の動向と支援技術】
●サイバーリスクアセスメントの考え方・進め方
………………………………………ICS 研究所/村上正志
●制御システムセキュリティアセスメントサービス
………………………………………JPCERT コーディネーションセンター/中谷昌幸, 秋田 卓
● ICS サイバーセキュリティ実現のフレームワーク
………………………………………カスペルスキー/松岡正人
【認証製品の動向: 制御システム/機器/対策ツール】
● PA へのサイバー攻撃の脅威〜プラントを守るサイバーセキュリティソリューション
………………………………………シュナイダーエレクトリックシステムス/藤原健太
●複数拠点をカバーするサイバーセキュリティソリューション
………………………………………ハネウェルジャパン/中森 格
● Achilles 認証を取得した回転機械監視装置の安全性
………………………………………新川センサテクノロジ/栗栖 大丞


展示会プレ企画『計測展2018 OSAKA』誌上レビュー

“未来のものづくり社会を支える計測・制御技術の総合展”をテーマとした「計測展2018 OSAKA」(主催:日本電気計測器工業会)が11月7日〜11月9日まで,大阪市のグランキューブ大阪(中之島・大阪国際会議場)で開催されます。本誌ではこの展示会に照準を合わせ,プレ企画として出展各社の注力製品やソリューション提案などを対象に開催前の最新情報として本号に収録し,計測展OSAKAの先進的な各社レビュー情報をいち早くお届けします。   Industrie4.0やIIoT/M2M,スマート化などディジタル情報化の加速によってモノ作りの環境が大きな変革期を迎えています。そうした中でこれからの製造現場はどうあるべきなのか,計測・制御・自動化技術をベースとした先進機器や先鋭化したソリューションなど出展各社の展示内容を通して今後の可能性や進展方向を探ります。

【巻頭提言】
●スマート工場と近未来計装
……………………………………… 電気通信大学/新 誠一
【出展社誌上レビュー: Products & Solutions】
<執筆予定(50 音順)> アズビル ABB 日本ベーレー オーバル 京都EIC 島津システムソリューションズ 新コスモス電機 GMI ジャパン 東京計装 日置電機 日立ハイテクソリューションズ ピーアンドエフ 富士電機 堀場製作所 理研計器 横河計測  横河ソリューションサービス 横河電機, 他
日本フィールドコムグループ 日本プロフィバス協会 ISA100WCI 日本支部, 他 

《連載》
●スマートファクトリを目指して(第19 回)
……………………………………… ProActs LLC /和田哲也