2019年5月号編集詳細

データ活用からみたディジタル工場実現へのアプローチ

 工程の複雑化とともに高度化し成熟してきたプロセス装置産業の運転・操業システムは今,新たな変革期を迎えています。それは市場動向に鋭敏に対応し,柔軟性のある競争力に優れた生産体制の確立であり,さらなる安定・安全操業の維持・向上への取り組みにあると言えます。そのため近年,産業IoTやビッグデータなどに象徴されるディジタル技術を駆使した,スマートなディジタル工場の実現へ向けた検討が各方面で活発になってきています。
 とはいえ,設備装置の老朽化をはじめ新旧のシステム/機器が混在している国内の工場・プラントの現状において,本格的なディジタル化あるいはスマート化を具体的にどう進めていくのか,現場ニーズとともに改めて検証する時期にあると考えます。
 そこでこの企画では,近未来のディジタル工場への展開をデータ活用の視点から捉えます。部門ごとの運用にとどまっている各種データの連携による共有化や見える化とともに,必要に応じた円滑な活用を図る仕組みをいかに進めていくのか,そして人・設備・情報を効果的に融合したディジタル工場をどう実現していくのか―。 今回は,ベンダからのいわゆる“デジタル・トランスフォーメーション”の考え方や支援ツールの解説を通して,これからのデータ活用と工場のあり方を考えます。

【視点・論点】
●ディジタル工場の実現へ向けたデータの役割と適応視点
………………………………………三菱ケミカル/馬場夏樹
【ソリューション提案:"ディジタル・トランスフォーメーション"】
●リアルタイムデータを活かしたプラットフォームの役割と活用法
………………………………………ライジングサン/小崎恭寿男
●「"つながる"プラント」データ活用による運転管理と収益最適化
………………………………………日本ハネウェル/藤井 康/鈴木史紀/岩瀬安慶
●プロセスプラントの「ディジタル工場」運営を考える
………………………………………アズビル/吉田雅美
●データ活用による製造環境(4M)の変化に強いモノづくりの実現
………………………………………横河ソリューションサービス/櫻井 徹
●IIoTソリューションはスマートファクトリへの道を拓く
………………………………………シュナイダーエレクトリック/Daniel Zulawski
●DX&AIの活用で隠れた情報をゲットする
………………………………………ProActs LLC/和田哲也

[ZOOM UP]IIoT時代のUPS(無停電電源装置)−その機能と役割

産業オートメーションの高度化や高信頼性の追求とともに,システムの健全性は不可欠の要件ですが,HMIやコントローラ,センサなど現場機器の電源環境の保護も例外ではありません。 特に近年,産業IoT(IIoT)といった工場のスマート化が指向され始めている中で,データの重要性が一段と高まっていますが,そのためにも電源の健全性や安定性の維持にはさらなるサポート対策が急務と言えます。
 そこでこの企画では,今後の展開が期待されるIIoT時代に向けて電源の保護管理の視点からUPS(無停電電源装置)に注目しました。災害やトラブルによる瞬断・停電,電圧不安定といった電源障害時に効果を発揮するUPSを改めて取り上げ,その先進機能と現場への適応性を捉えながらこれからの役割を考えます。
【巻頭概論】
●IIoT化工場におけるUPSの役割とそのエンジニアリング
………………………………………エンジニアリングアドバイザ/酒井孝正 【ソリューション:最新UPS/関連ツールの機能と活用法】
●IIoT環境に適応する常時インバータ式小型UPS
………………………………………シュナイダーエレクトリック/木口弘代
●高効率と省スペース化を追求したUPSソリューション
………………………………………日立製作所/鳴島じゅん
●作業負荷を低減するバッテリ劣化診断テスタ
………………………………………(未定)

《連載》
●仮想ドキュメント:工場活性化に技能・技術・弾力性を活かす(第5回)
………………………………………技術コンサルタント/江口 元
《主要記事》
●極低温から高温域まで多様な用途に適応するクランプオン型超音波流量計
………………………………………フレキシムジャパン/小橋雅彦