2019年6月号編集詳細

機能安全/安全計装〜導入・運用への最新ソリューション

 プラントの安全・安定操業は永続的テーマとしてこれまで多分野で多様な取り組みが続けられていますが,プラント計装における機能安全/安全計装への関心も近年高まってきています。これはDCSをはじめとした制御システムの更新に合わせた導入や海外への工場展開などが背景にあるためで,工場安全の維持・推進は不可避の課題と言えます。このためプロセス機能安全の中枢を担う安全計装システム(SIS)の機能拡充や導入支援技術が進展してきているほか,国際規格(IEC61508/61511)への対応,国内の工場保安規制の見直しの動きも出始めています。またこのことは,高度な安全技術を取り入れた工場への検査の緩和やメンテナンス作業の軽減・効率化などにつながることから今後の動向に注目が集まっています。
 そこでこの企画では,これからの機能安全/安全計装の進展方向に着眼し,導入・運用のメリットを改めて考えるとともに,いかに現場に適応させていけばよいのか,最新のソリューションや機器の動向を交えて今後の展開を探ります。

【トレンド】
●安全計装−LOPAを使った既設設備の評価手法の提案
………………………………………千代田化工建設/鈴木国夫
●国際機能安全規格(IEC61511)の最新動向とSIS導入の利点
………………………………………三菱電機/神余浩夫
【導入・運用ソリューション】
●サイバー攻撃の脅威に対する安全計装システム強化ガイド
………………………………………シュナイダーエレクトリックシステムス/藤原健太
●IEC61508/61511に適合した安全計装システムの実現
………………………………………横河電機/新井直人
●(タイトル未定)
………………………………………ロックウェルオートメーションジャパン/吉住英一

スキルアップのための計装機器"再考"シリーズ:(5)「プロセス分析計」

 産業IoTやディジタル工場が標榜される時代を迎えて,もの作りのシステムのあり方も多様な角度から見直しが始まっています。省力化と生産の効率化,運転・操業改善,さらなる情報化といった課題が否応なしに突き付けられていますが,そうした状況にあってもプラント計装の原点は現場にあることは言うまでもありません。特にフィールド計装機器は監視制御システムの発信器/操作器として重要な役割を担ってきています。しかし,少人化やディジタル化の進行とともに現場力の育成や技術継承が課題とされている近年の情勢にあって,計装機器の健全性が安定・安全操業にとっていかに重要なのか改めて問い直す時期にあると考えます。
 そこでこの企画では,プラント計装で重要な発信器/操作器に改めて焦点を当て,シリーズとしてその役割や機能,保全などについて“再考”します。これは次代を担う若手計装エンジニアを対象にスキルアップに向けた有用な知見・情報を得る機会とすることを目的としたもので,基礎知識や最新動向を含めて取り上げます。
□      □      □      □      □      □
 本シリーズ企画“再考”の第5回となる本号では,製品品質の維持向上や運転の安定化に重要な役割を担うプロセス分析計を取り上げます。製造プロセスでの性状分析による高精度な品質データの重要性が一段と高まっているなかで,各種プロセス分析計をいかに選定し現場に適応させていくのか,基礎技術の解説や事例紹介とともに最新製品の動向をまじえて探ります

【基礎解説】
●プロセス分析計の測定原理と選定要件
………………………………………分析産業人ネット/村山 健
【製品動向:ベンダ・ソリューション】
●最大12成分の同時測定が可能な耐圧防爆形プロセスガス分析計
………………………………………日本エマソン/橋本 良
●設置コストの大幅削減を実現したプローブ型レーザガス分析計
………………………………………横河電機/中野直人
●現場設置型プロセスガスクロの運用によるコスト削減提案
………………………………………ABB/中村圭佑
●プロセスGC-IMSによる工場環境モニタリング
………………………………………エス・ティ・ジャパン/東山尚光
●レーザ式ガス分析計の特長と適用事例
………………………………………ノーケン/益井浩司
●食品製造工程におけるプロセス屈折率計
………………………………………日立ハイテクソリューションズ/夏井敬史
●プロセス分析サンプリング・システムの改善ポイント
………………………………………日本スウェージロックFST/松浦 貴


《連載》
●仮想ドキュメント:工場活性化に技能・技術・弾力性を活かす(第6回)
………………………………………技術コンサルタント/江口 元