2019年11月号編集詳細

最近の防爆規格の動向と計装からみた適応方向

 工場の安全・安定操業をいかに継続していくか―,モノ作りのあり方が大きな転換点を迎えている中でこのテーマは一段と重みを増しています。なかでも可燃性ガスや引火性液体などを扱う工場・プラントでは,防爆規格に則った防爆計装の装備により運転監視制御システムをはじめとした生産現場の安全確保への取り組みが行われてきました。これは防爆規格・認証制度のもと,国内ではいわゆる「国際規格に適合した技術指針」を基本に進められてきており,国内防爆基準も国際標準IEC規格と整合性を図る流れに向かっています。
 そこでこの企画では,先ごろ出された「工場電気設備防爆指針(国際整合技術指針2018)」の改正発行など防爆を取り巻く昨今の技術動向を捉えながら,どこに注視して行けばよいのか,ポイントを探ります。また,今後スマート/ディジタル化が指向される工場の安全確保にいかに取り組めばよいのか,防爆計装の視点から最新ソリューションを交えて考えるとともに,現状と課題を浮き彫りにします。


【巻頭概論】
●「国際整合技術指針2018」の改正内容と注視点〜『防爆安全ガイドブック』の改訂内容をまじえて
………………………………………日本電気制御機器工業会(NECA)防爆委員会
【トレンド:視点・論点】
●SIからみた国内防爆指針と防爆工事〜その現状と課題
………………………………………旭化成EICソリューションズ/定野 恵
【防爆計装ソリューション/ツール】
●Industrial IoT向け小型無線センサの防爆対応
………………………………………横河電機/藤原俊輔
●グローバル展開を見据えた本質安全防爆構造圧力センサ
………………………………………長野計器/関 秀文
●仮設モニタリングも可能な無線式防爆サーモグラフィカメラ
………………………………………日本アビオニクス/入江朋子
●防爆タブレットによる現場モービル通信ソリューション
………………………………………バルテック・ジャパン/上原利重
【特集関連資料】
●防爆技術の基礎解説 ●他


《主要記事》
●最大256点の多点監視・管理が可能な倍線化システム
………………………………………豊中計装/垣内太一
●空気式調節弁によるプロセス制御システムへのリセット制御の適用
………………………………………計測制御コンサルタント/岩井正隆
●石油工場における安全管理−体験に学ぶ教育訓練の重要性
………………………………………KW保安管理システム研究所/渡辺 要  


《連載》
●仮想ドキュメント:工場活性化に技能・技術・弾力性をどう活かす(第11回)
………………………………………技術コンサルタント/江口 元