2019年12月号編集詳細


展示会特別企画〜「IIFES 2019」(11月27〜29日開催)

 加速するディジタル情報化の波はモノづくりの環境やシステム体系に大きな変革を迫っています。海外からのインダストリ4.0やIIoTをはじめ,新たな着想や思考から台頭してきたビッグデータやAIなどは,まさにそうした変革を牽引するイベーション技術として期待が高まっています。とはいえ,新旧の設備/システムが混在した国内の製造現場においてプラント・工場の革新は容易なことではありません。運転の最適化,現場力の向上と継承,安定・安全操業の実現といった課題が近年指摘されていますが,そのためにはさらなるデータの有効活用が不可欠なことは言うまでもありません。換言すれば,各種データに着眼し,いかに有用情報化して最適な運転操業に活かしていくのか,そして競争力や柔軟性をもった工場へとどう展開していくのか,そうした視点からこれからの工場のあり方を捉えることも重要と考えます。
 そこで本号では,“データ活用と近未来工場”をテーマに,旧計測展/SCF展から名称を新たにした展示会「IIFES 2019」の開催に合わせて特別企画を実施します。
◇     ◇      ◇      ◇      ◇      ◇
 本特別企画は2部構成で,T部では技術展望として工場スマート化への要件は何か,注目の最新技術の動向などまじえて依頼記事で構成します。またU部では,IIFES 2019に出展予定の標準化/自動化技術推進団体のレビュー記事と,各社の出展内容を紹介するプレゼンテーション広告を収録し,カラー別冊付録として刊行します。


"データ活用と近未来工場〜ディジタル計装革新への潮流"

【T部】「技術展望」スマート化への要件

●ディジタル計装革新への要件と課題
………………………………………ADAPTEX/藤井憲三
●人・設備・情報のベストミックスとスマート工場
………………………………………トミテック/橋本芳夫
●ICTが促すPA変革−次世代PAアーキテクチャを考える
………………………………………慶応義塾大学/永島 晃
●近未来工場とAI〜現場導入への視点・論点
………………………………………キーワード/酒井孝正
●(ユーザレポート:工場におけるOPC UAの活用と課題)
………………………………………(未定)

[ZOOM UP]現場改善・作業支援ツール/システム

 少人化や設備縮小が進む中で生産性や品質などをいかに維持・向上させていくのか,またさらなるコスト削減や効率化,安全対策をどのように進めていくのか,大きな課題と言えます。こうした課題は運転,保守・点検といった現場フィールド業務へも波及しており,増加する負荷・作業をいかに軽減していくか,不可避の今日的テーマとなっています。
 そこでこの企画では,現場の作業や業務の改善・支援のためのツール/システムに注目します。作業の安全と効率化,均質化,ミス防止に向けたノウハウなどの技術継承といった現場ならではの課題とそのソリューション技術を取り上げ,適応方向を考えます。

【巻頭概説】
●プラント保安分野におけるドローンの活用に向けた取り組み−ガイドラインと活用事例集の策定
………………………………………経済産業省(産業保安グループ)/服部貴哉
【ソリューション:改善・支援ツール/システム】
●本安防爆に対応した無線式振動データ収集システム
………………………………………富士フイルムエンジニアリング/本山明志
●現場保全のスマート化を進めるウェアラブル端末
………………………………………日本ハネウェル/上野貞雄
●分析機器へのデータアクセスが容易なQRコードとモバイルソリューション
………………………………………ABB/中村圭佑
●新方式ポータブルガスモニタの開発−窒素中LNG気化ガスの%LEL濃度測定
………………………………………日本海エル・エヌ・ジー/有本康輔
………………………………………理研計器/石黒智生
●ARとIoTを連携させた設備保全効率化ソリューション
………………………………………(未定)
《連載》 ●仮想ドキュメント:工場活性化に技能・技術・弾力性をどう活かす(第12回(最終回)) 技術コンサルタント/江口 元


【U部】[別冊]

「IIFES 2019」出展社/標準化団体誌上レビュー
 1. 標準化技術/自動化技術推進団体誌上レビュー
<参加団体>
IAF  ISA100WCI日本支部 FDTグループ日本支部 CC-Link協会 JASMIN 日本OPC協議会 日本フィールドコムグループ 日本プロフィバス協会 IO-Linkコミュニティジャパン PLCopen Japan VEC
 2. 出展社プレゼンテーション <企画広告>