HOME書籍・雑誌一覧>「計装エンジニアのためのコントロールバルブ」書籍紹介

デジタルブック(CD版)

計装エンジニアのためのコントロールバルブ


著者:Hans.D. ボーマン (1996/6初版発行)
訳者:須加寿雄(東横化学)/渡部 剛(千代田計装)
本文164頁 本体価格2,095円+税 送料390円
立ち読みはこちら 購入方法はこちら

本書は、知る人ぞ知るコントロールバルブのボーマンが、豊富なバルブセールスで得た知見のもと、ユーザの計装エンジニアへの助言をふんだんに盛り込んだコントロールバルブを本質から理解するための解説書です。
世界の、日本のフィールドはフィールドバス時代を前にして大きく変わろうとしています。その中にあってコントロールバルブの果たす役割は、さらに計装寄りになり、従来のコントロールバルブの機能を超えたものへと発展していくでしょう。それを実現していくのは、少なくとも必要とする付加機能を提案していく役割を担うのは、プロセスをよく知ったユーザサイドの計装エンジニアです。
その意味で本書は、これからの計装エンジニアリングの手引き書でもあります。

目次

  1. コントロール・バルブとは何であるか?
    コントロール・ループにどんな影響を与えるか?
    コントロールバルブの設計を良いものにするのに期待される諸点
  2. なぜ速度制御のポンプを使わないのか?
  3. どのようなバルブ形式を選ぶ必要があるか?
    正しいバルブ形式の選定
    バルブ選定の基準:要約
  4. 自力式レギュレータ,なぜ使われないのか?
  5. 易しいバルブ・サイジング
    バルブ・サイジング
    正しい流量条件とは?
    パイプ・レジューサ
    粘度補正
    粘性流体に対するコントロール・バルブのサイジングの一例
    米国の単位
    バルブ・サイズをどう選ぶか
    調整可能なトラベル−調整可能なCv
  6. サイジングとセレクション/コンピュータに全部やらせよう!
  7. フェール・セーフとは何か?
  8. 流量特性として“イコール・パーセント”を、なぜほとんどの人が選ぶのか
    “実効”流量特性の計算方法
  9. バルブ・ポジショナ
    バルブ・ポジショナを使う時
    ポジショナや変換器を指定する場合に,何が期待されているか
    スマート・ポジショナ−スマート・バルブ
  10. バルブ・ステム力を発生する管内圧力のミステリ
    正しいアクチュエータ・サイズの選定
    バルブが正しく閉まらない
    バルブが不安定である
  11. コントロール・バルブの据え付け方法
  12. どんな時にバルブ・トリムをハード・フェースにしなければならないか
    その他のバルブ材料についての質問
    流体の流れに含まれている固粒体あるいはコール・スラリのような
    粒子状材料によって起こるエロージョン
    キャビテーション
    湿り蒸気によるエロージョン
  13. 環境関係
    使用中のバルブは騒音が高すぎないか?
    バルブの空気力学的騒音低減の方法
    キャビテーションについてはどうか?
    キャビテーションについてはどうするか
    洩れ易いバルブ・ステム・パッキンを避ける
    ベローズ・シール
  14. サニタリ・サービスまたは無菌サービス用バルブ
  15. 12の戒律:してはいけないこと!
  16. 電気式アクチュエータ 対 空気式アクチュエータ
  17. エネルギーの節約
  18. バス・システムは救いの神か、はたまたどんな未来がやって来るか
参考書
  • 付録A 参考:表および図
  • 付録B コントロール・バルブの規格と推奨プラクティス
前画面に戻る


月刊「計装」に関するページ