HOME書籍・雑誌一覧>「プラント計装工事のすすめ方」書籍紹介

和英対訳

誰にでもわかる

プラント計装工事のすすめ方


Plant Instrumentation Work Practice
=How to use Instrumentation Standard=

著者:秋山 尚 (2003/9初版発行)
  監修: 日本計装工業会技術委員会
AJIIS : Association of Japan Instrumentation Industries Standard
A5判 本文304頁 本体価格3,800円+税 送料390円
*この書籍は,書店ではお求めになれません。
立ち読みはこちら 購入方法はこちら

目次

    本書の発刊に寄せて まえがき
  1. 計装工事の開始
    • 1.1 計装工事の準備
    • 1.2 計装工事設計 
    • 1.3 計器室建築工事の調査と計装関連工事
      • 1.3.1 計器室基本設計の点検
      • 1.3.2 計器室内建築工事
  2. 据付(取付)工事
    • 2.1 計器盤,ケーブルダクトの据付
      • 2.1.1 計器盤の据付方法の確認
      • 2.1.2 一般型計器盤の据付(計器室)
      • 2.1.3 DCS計器盤の据付(計器室)
      • 2.1.4 現場型計器盤の据付
      • 2.1.5 ケーブルダクト・ラックの据付
    • 2.2 計器類の取付,据付
      • 2.2.1 流量計
      • 2.2.1.a差圧流量計(絞り流量計)
        差圧流量計検出端
        差圧流量計伝送器の据付
      • 2.2.1.b 面積流量計
      • 2.2.1.c 容積流量計の取付
      • 2.2.1.d 電磁流量計
      • 2.2.1.e 渦流量計
      • 2.2.2 レベル計 
      • 2.2.2.a 内筒式ディスプレースメントレベル計
      • 2.2.2.b 外筒式ディスプレースメントレベル計
      • 2.2.2.c フロートアンドテープ式レベル計
      • 2.2.2.d 圧力式レベル計 (直接タンク取付け型) 
      • 2.2.2.e ガラスゲージ
      • 2.2.3 圧力計
      • 2.2.3.a ブルドン管圧力計
      • 2.2.4 温度計
      • 2.2.5 自動調節弁
      • 2.2.6 プロセス分析計
      • 2.2.6.a インライン分析計及び浸漬型分析計 
      • 2.2.6.b 分析計室(オンライン分析計用)
      • 2.2.6.c サンプリングシステム(オンライン方式)
  3. 配管工事
    • 3.1 導圧配管
      • 3.1.1 導圧配管一般事項
      • 3.1.2 差圧流量計(または絞り流量計)
      • 3.1.3 圧力計
      • 【コラム3-2】導圧配管内の気柱の圧力測定に及ぼす影響
      • 3.1.4 差圧レベル計
    • 3.2 空気配管
      • 3.2.1 供給空気配管
      • 3.2.2 信号空気配管
  4. 配線工事
    • 4.1 配線工事共通事項
      • 4.1.1 ケーブルウェイ
      • 4.1.1.a ケーブルラック(トレイ)
      • 4.1.1.b ケーブルダクト
      • 4.1.1.c 電線管(コンジット)
      • 4.1.1.d メッセンジャワイヤ
      • 4.1.1.e ケーブルピット
      • 4.1.1.f ケーブルトラフ
      • 4.1.1.g 直接埋設
      • 4.1.2 電線・ケーブルの選択
      • 4.1.2.a 一般事項
      • 4.1.2.b 導体
      • 4.1.2.c 絶縁体及びシース
      • 4.1.2.d 遮蔽
      • 4.1.2.e 識別
      • 4.1.2.f 光ファイバ
      • 4.1.3 防爆
      • 4.1.3.a 危険場所の区分
      • 4.1.3.b 危険場所と施工
      • 4.1.3.c 危険場所の境界
      • 4.1.3.d 耐圧防爆金属管配線
      • 4.1.3.d 耐圧防爆金属管配線
      • 4.1.3.e 安全増防爆金属管配線
      • 4.1.3.f 本質安全防爆工事
      • 4.1.3.g ケーブル配線
      • 4.1.4 ノイズ対策
      • 4.1.4.a 一般事項
      • 4.1.4.b ジョイントボックス(JB)本体と計器室からJBまでの配線
      • 4.1.4.c 現場計器JB間の配線
      • 4.1.4.d 交流100〜200V電源線
      • 4.1.4.e オンーオフ操作回路(24〜100V,低速ロジック接点回路)
      • 4.1.4.f 4〜20mA DCアナログ信 号配線
      • 4.1.4.g 4〜20mADCアナログ信号配線,ディジタル電圧信号重畳
      • 4.1.4.h 熱電対入力配線
      • 4.1.4.i 測温抵抗体入力配線
      • 4.1.5 接地工事
      • 4.1.5.a 一般事項
      • 4.1.5.b 受信計器,計器盤,コンソールなど
      • 4.1.5.c オンーオフ高速操作回路
      • 4.1.5.d オンーオフ低速操作回路
      • 4.1.5.e ディジタル信号が重畳した4〜20mADCアナログ回路
      • 4.1.5.f 熱電対入力回路
      • 4.1.5.g 測温抵抗体回路
    • 4.2 計器用電源配線
      • 4.2.1 一般事項
      • 4.2.2 計装システム用電源
      • 4.2.3 分析計室計装電源
      • 4.2.4 独立パッケージ設備計装電源
      • 4.2.5 インターロックシステム電源
    • 4.3 信号配線
      • 4.3.1 オンーオフ操作回路
      • 4.3.2 アナログ統一信号回路(4〜20mADC)
        (これにディジタル信号が重畳したものも含む)
      • 4.3.3 ディジタル信号回路
      • 4.3.4 熱電対入力回路
      • 4.3.5 測温抵抗入力回路
      • 4.3.6 光ファイバ回路
  5. 工事最終段階
    • 5.1 試験・検査
    • 5.2 プレコミッショニング
    • 5.3 プラント洗浄作業と計器の保護
    • 5.4 試運転準備
    • 5.5 試運転の立会い
    • 【コラム5】流体条件の変動が計器指示に及ぼす影響

備考

*この書籍のみ,書店ではお求めになれません。
前画面に戻る



月刊「計装」に関するページ