HOME>月刊「計装」とは

月刊「計装」について

月刊「計装」について

日本工業規格JISでは,計装について「対象とするシステムの運転や管理を具現するために,対象システムの計測・制御又は管理方法などを検討して,制御や監視のための装置を装備すること」(JIS Z8116-1994 自動制御用語一般)と定義しています。
グローバル化の進展の中,工場の最適運転のみならず,生産から販売さらには経営に至るトータルな情報システムの構築が急務です。
月刊「計装」は,シーズ,ニーズ,アプリケーションなど,様々な切り口で読者を結びつけています。

日本の計装技術とともに

昭和30年代初期,日本の産業が近代化へ進み始めた時代に,計装という言葉が 「INSTRUMENTATION」の訳語として生まれました。
月刊「計装」は計装技術を生産現場に定着させた媒体として,高い評価と信頼を得ています。

月刊「計装」は57年の歴史を持つ媒体です

月刊「計装」の創刊は空気式パネル計装が始まろうとしていた時期でした。 その年に石油学会が発足し、また第一回「計測工業展」が開催されています。

1955年 試作電磁流量計が発表される。
シーケンスコントロール時代始まる。
1956年 九州に計装研究会が設立される。
空気式小型計器が開発される。
1958年 月刊「計装」創刊(2月)
石油学会発足(5月)
「計測工業展」開催(11月)
メートル方完全実施

月刊「計装」はユーザとベンダの情報交換の場です

月刊「計装」の企画は,ユーザとメーカあるいはベンダを執筆者として構成されます。
そのため月刊「計装」はユーザ間,あるいはユーザとメーカ間の情報交換の場となっています。